ようこそ 大阪区民・府民カレッジへ

たのしい 大阪区民・府民カレッジへ



堺北野田校(大阪府民カレッジ)講座説明会開催



  日時 令和2年2月27日(木)13:30 ~ 15:00

  場所 堺東 東洋ビル 4階1号室(堺市堺区北花田口町3丁1番15号)

                  南海高野線 堺東駅より徒歩約5分

      アクセスはこちら ⇒ http://www.pss-kasikaigi.com/access/
  概要 第1部 講演
         食の安全について 大阪いずみ市民生協品質管理部長  三苫 有 様
     第2部 講座説明会
         カリキュラムの内容等について     ・募集案内へ

                            ・堺北野田校カリキュラムへ      


城東校(大阪区民カレッジ)講座説明会開催



 日時 令和2年3月6日(金) 13時30分~

 会場 大阪市立城東区民センター 第3小会議室  ・募集案内へ

      (大阪市城東区中央3-5-45)   ・城東校カリキュラムへ   

      「城東区民センター」へのアクセス   

            ⇒https://www.osakacommunity.jp/joto/access.html



令和2(2020)年度受講申込書(下のボタンからお申込み下さい)


 受講生募集案内書(パンフレット)はつぎのいずれかをクリック下さい。       

 




土 脉 潤 起


つちのしょううるおいおこる


(2月19日 ~ 2月23日)


雨が土を潤し 獺が先祖をまつる



 雨が降りそそぎ、土が潤う季節です。古来、農耕の準備をはじめる準備をはじめる目安とされてきました。中国では「獺祭魚(たつうおをまつる)」という候でした。

 獺(かわうそ)は、その愛くるしい姿が水族館でも人気のイタチ科の動物。春になり、漁をはじめた獺たちは手先が器用で、川でとった魚を岸に並べる習性があります。その姿が昔の人々には、まるで「魚を供物として並べて、先祖を祀っている」ように見えたのでしょう。【「~暮らしを楽しむ~開運七十二候」 神宮館編集部 株式会社神宮館 から引用】



大阪区民カレッジは地域密着、地域で活躍する人材を養成するを主旨に、大阪府高齢者大学校の支援のもとに設立され、平成25年度に市内3地区に開校し、3校・77名の受講生を初めて迎え入れてから、年々増加して現在、市内7校。 

大阪府民カレッジは平成28年度に大阪府下東大阪市に開校して以来、各市町に延伸し大阪府下に現在9校。

2019年度は、区民・府民合わせて、16校、受講生640名の規模に拡大しております。 両カレッジは、主旨は同じながら、地域と共に歩むため大阪市内は大阪区民カレッジ大阪府下大阪府民カレッジとし、いずれもNPO法人が運営しています。