ようこそ 大阪区民・府民カレッジへ

たのしい 大阪区民・府民カレッジへ




大阪区民カレッジ通信、大阪府民カレッジ通信を発行しました。また、各校版につきましても順次発行中です。(下記ボタンをクリック下さい)








半 夏 生


はんげしょうず


(7月1日) ~ 7月6日)


田植えをし終える 農業の節目 



  半夏生(はんげしょう)は夏至から数えて11日目の頃です。この時期に半夏(はんげ)という名のサトイモ科の植物が生えることが由来。半夏は別名「烏柄杓(からすびしゃく)」といい、薬草として使われます。また、この時期には半夏生というドクダミ科の花も咲きます。

 農業の大切な節目で、田植えを終わらせる目安とされました。この時期、酒肉を禁じるなど物忌みを行うこともあったようです。

【「~暮らしを楽しむ~開運七十二候」 神宮館編集部 株式会社神宮館 から引用】


 大阪区民カレッジは地域密着、地域で活躍する人材を養成するを主旨に、大阪府高齢者大学校の支援のもとに設立され、平成25年度に市内3地区に開校し、3校・77名の受講生を初めて迎え入れてから、年々増加して現在、市内7校(受講生282名)。 

 

 大阪府民カレッジは平成28年度に大阪府下東大阪市に開校して以来、各市町に延伸し大阪府下に現在10校(受講生405名)。

 

  2020年度は、区民・府民合わせて、17校、受講生687名の規模に拡大しております。 両カレッジは、主旨は同じながら、地域と共に歩むため、大阪市内は大阪区民カレッジ、大阪府下は大阪府民カレッジとし、いずれもNPO法人が運営しています。