ようこそ 大阪区民・府民カレッジへ

たのしい 大阪区民・府民カレッジへ


 

2021(令和3)年度受講申込

こちらから「大阪区民カレッジ」「大阪府民カレッジ」の受講申込ができます。









橘 始 黄


たちばなはじめてきばむ


(12月2日 ~ 12月6日)


橘の葉が香り 実が黄ばむ



 「黄ばむ」とは、黄葉(こうよう)のこと。同じ読みの「紅葉(こうよう)」は赤く色づくことですが、この字の「黄葉」は黄に色づくことを指します。

 橘(たちばな)は6月に白い花を咲かせ、身を結び、この頃になると、ようやくその実が黄色く色づきはじめます。

 実は小さく、ミカンに似た形をしていますが、酸味が強く、黄色に熟したとしても、生食にはあまり向かないようです。

【「~暮らしを楽しむ~開運七十二候」 神宮館編集部 株式会社神宮館 から引用】


 大阪区民カレッジは地域密着、地域で活躍する人材を養成するを主旨に、大阪府高齢者大学校の支援のもとに設立され、平成25年度に市内3地区に開校し、3校・77名の受講生を初めて迎え入れてから、年々増加して現在、市内7校(受講生282名)。 

 

 大阪府民カレッジは平成28年度に大阪府下東大阪市に開校して以来、各市町に延伸し大阪府下に現在10校(受講生405名)。

 

  2020年度は、区民・府民合わせて、17校、受講生687名の規模に拡大しております。 両カレッジは、主旨は同じながら、地域と共に歩むため、大阪市内は大阪区民カレッジ、大阪府下は大阪府民カレッジとし、いずれもNPO法人が運営しています。