ようこそ 大阪区民・府民カレッジへ

たのしい 大阪区民・府民カレッジへ


大阪区民カレッジ通信、大阪府民カレッジ通信を発行しました。また、各校版につきましても順次発行中です。(下記ボタンをクリック下さい)








紅 花 栄


べにばなさかう


(5月26日 ~ 5月30日)


平安時代から咲き誇る 紅の色



 紅花(べにばな)の花が盛んに咲く時期。紅の染料の材料となる紅花は、黄色の花を咲かせます。

 古代エジプトからシルクロードを通って日本に渡り、平安時代から栽培されてきました。

 中国の呉からきた藍色(あいいろ)という意味で「呉藍(くれのあい)」と呼ばれ、それが転じて「紅(くれない)」となりました。藍色というと青系の色を思い浮かべますが、当時は色の種類に関係なく染料の意味で「藍」と呼んでいました。

【「~暮らしを楽しむ~開運七十二候」 神宮館編集部 株式会社神宮館 から引用】


大阪区民カレッジは地域密着、地域で活躍する人材を養成するを主旨に、大阪府高齢者大学校の支援のもとに設立され、平成25年度に市内3地区に開校し、3校・77名の受講生を初めて迎え入れてから、年々増加して現在、市内7校(受講生282名)。 

大阪府民カレッジは平成28年度に大阪府下東大阪市に開校して以来、各市町に延伸し大阪府下に現在10校(受講生405名)。

2020年度は、区民・府民合わせて、17校、受講生687名の規模に拡大しております。 両カレッジは、主旨は同じながら、地域と共に歩むため大阪市内は大阪区民カレッジ大阪府下大阪府民カレッジとし、いずれもNPO法人が運営しています。