令和3年(2021年)度事業活動報告

 

 特定非営利活動法人大阪区民カレッジ(以下「OKC」と称す)第9期は新型コロナウイルス感染症(以下「コロナ」と称す)禍中、大過なく終了することが出来ました。 受講生、講師、カレッジ運営者の真摯な対応と大阪府、大阪市並びに関係諸団体のご支援の賜物であります。感謝いたします。

 コロナ感染者数は増減を繰り返し、収束の見通しは立っていません。「緊急事態宣言」期間中は休講とし、2度目の「緊急事態宣言」が終了した10月より代替講義を実施しました。

また、感染予防を第一とし、一同に会する入学式は2部制で実施、修了式は各校別で開催し、合同行事は中止としました。代替講義に伴い教室の確保、カリキュラムの変更等余儀なくされましたが、各位のご理解、ご協力により、滞りなく修了いたしました。

 

○ 基調報告

 

 1.令和3年度、感染予防対策を第一とし、定員は中央校、北校、城東校、西校各40名、東成校、天王寺校、みなと校は30名にて計250名の受講生を迎え入れました。

 

 2.カリキュラムの進行並びに講義は、24回実施し(一部23回)、校外学習、社会参加活動の大半は中止となりました。感染防止上、人と人との間隔を空ける、会話の控え、直行直帰の勧めなど、受講生間や運営者とのコミュニケーション不足が否              め ませんでした。

 

 3.感染防止対策のため、教室は広い会場への変更、ソーシャルディスタンスをとっての講義、マスクの着用、検温管理、消毒対応、換気などを実施しました。

 

 4.入学式後すぐに「緊急事態宣言」が発出され休校としました。休講期間中は受講生へOKCの案内、各校の案内などを適宜発行し、連携を保ちました。

 

 5.講義、教室の変更、受講生との連絡ほか休講、感染予防関連費用が予算より増加し、損益は欠損となりました。

 

 6.各校は大阪府のシルバーアドバイザー(以下「SA」と称す)養成校と承認。SA申請者(過年度受講生)10名全員が大阪府知事からSA認定証が授与されました。

 

 7.来期の受講生募集は定員を40名とし、例年どおり10月より募集を開始しました。

     応募者多数により、入学者総数は306名となりました。

 

 令和4年(2022年)度事業活動計画

 

○ 活動方針(令和4年5月13日現在)

 

 コロナ禍中、地域密着カレッジOKCの受講希望者は増加しています。 開校に当たっては、健康第一とし「感染源を絶つ」「感染経路を絶つ」をより徹底し、互いに安心して活動できるように対応します。

 

 1.安心安全な教室環境を確保し、感染防止に努めます。3密(密着、密接、密閉)を避け、体温管理、マスク着用、消毒液配置、手洗い、うがい励行、黙食、寄り道をせず直行直帰など、お互いに安心して活動できるようにしていきます。

 

     2.  令和4年度の受講生は306名(定員280名)です。コロナ禍中、予想外の出費も考えられ、収支に含みを持たせました。

 

  3.  講義日数は24日です。 今後の感染状況によっては休講やカリキュラムの変更もありえます。変化に対応出来るよう受講生、講師、運営者 共々努めます。

 

   4.  理事会、ディレクター会議等の内容を峻別して各々の会議を充実させます。

 

    5.  人材育成と財務の健全化は必須要件です。ボランティアにおける成長を通じて、次期を託す人材の発掘、育成につとめます。

 

    6. 0FC、コーダイグループと連携し、情報交換、交流を活発化します。